忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR


アメーバブログが、あの「ペニーオークション詐欺事件」を受けて、芸能人ブログ用にPRマークというものを作ったそうです。1月25日にこのPRマークをアメーバブログ内で発表するとのことです。1月28日以降、有名人が企業などから商品、謝礼をもらって自分のブログでその商品を紹介する場合は、「PRマーク」の掲載を義務付けるということです。これは一般人までPRマーク掲載を義務付けられたらアフィリエイトが出来なくなってしまいますね^^;。それによってアフィリエイトブログユーザーがまた減ってしまうことになりますので、アメーバブログとしてもそれは避けたいと思います。Appleめーばぶろづのユーザーは実際減り続けています。なぜか。ユーザーが求めていない機能を追加し、ユーザーが求めている機能をどんどん終了させてきているのです。ユーザーからの声はものすごい量でした。これが、アメーバブログユーザー激減の理由です。ユーザーありきなのに・・・。

多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略

催眠術で出来る事
ヒプノ セラピー 池袋

ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
PR

独自


独自の部品調達が成功の秘訣。これは韓国のサムスン電子が成功している理由のようです。部品を独自に調達する能力と様々な基本OSを活用できる柔軟さに成功の秘訣があると、米経済誌フォーチュンが分析しています。ただ、ちょっと弱いところもあるそうです。様々な基本OSを活用できる柔軟さが成功の秘訣と分析されているのですが、サムスン電子独自のOSやエコシステムがないのが、サムスン電子の弱みとも言われています。ライバルでありながら、アップルもサムスン電子の部品を使っています。独自の部品調達能力はサムスン電子の大きな強みだと言われています。今インテルと共同で開発中のOS「Tizen(タイゼン)」搭載のスマートフォンもあるそうです。AppleとはマイクロソフトのOSWindowsを搭載したWindowsフォンも近々アメリカで発売予定とのこと。フォーチュン誌はこうも言っています。消費者が望む確信を続けていかなければライバルにいつでも追い抜かれるとの見方をしています。

SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ

自分が思い出せない過去の事を知る方法
退行催眠

各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
SEO対策(被リンク対策)サービス利用開始の「タイミング」も極めて重要
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命

OS


Mozillaがついに出すそうです。FireFox搭載のスマートフォンを。発表は2月の予定で、発売日、発売国などはまだ未定のようですね。FireFoxフォンと呼ぶそうですが、Windowsフォンを思い出しますね。Windowsフォンの二の舞になりませんように・・・。うちは詳しくないのでよく分からないのですが、スペックは低いそうです。ですが低スペックにした理由があるようです。低スペックマシンの動作を開発者に見てもらうこと、そして、低スペックであれば価格も抑えられるため、途上国にも投入できそうだということのようです。パソコンOSでもFireFoxは人気です。このFireFoxフォン、テック系の人々の間では人気の端末となること間違いなしと記事にあったのですが、テック系ってなに?。テック系とは?とかで調べてみたけど、うちが求めている答えは出てこなかったのです・・・気になる・・・開発者の事でいいのかな・・・?。

ヒーリングとカウンセリングが得意なセラピスト
池袋 カウンセリング

被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題